ミドルエイジの私にとって、酵素っていう言葉のイメージは

酵素パワーのトップ!!

っていう洗剤のCMです。

なにやら酵素のパワーでしつこい汚れを分解してしまうらしい・・・?

 

その酵素らしき粒のようなものが、ドロッとした薄茶色の汚れを、シューティングゲームのような感じでバン!っとやっつけて、汚れの塊が粉々になるような映像は、すごく説得力がありました。

なんとなく、そんなイメージで、酵素が脂肪を分解してくれるんじゃないかって思っている人も多いんじゃないんでしょうかね。

 

それでかは知りませんが、酵素栄養学っていうものが出てきて、その本がベストセラーになって、なんとなく世間に認知されて、酵素ダイエットとか酵素風呂とか色々な商品やサービスが生まれています。

ビジネスですから売れなければしょうがないんで、なんかいいかもっていうイメージはすごく効果的で重宝されます。それに酵素っていう言葉とイメージはバッチリはまったのは間違いないんじゃないでしょうか。

 

酵素を食べたり飲んだりして、その酵素が体内の脂肪を分解するというイメージは、あくまでもイメージです。

酵素はタンパク質なので、食べたり飲んだりしても、胃腸で消化されてアミノ酸に分解されて吸収されますから、どんなにいい酵素を摂取しても、それがそのまま消化されずに自分の脂肪まで届いて、脂肪を分解してくれるはずはありません。

しかし、これがまた、物は言いようなのかホントなのかわかりませんが、色々と難しいことで意見が分かれていて、それ全部読んでいたら頭痛くなってきます。

 

とても私の頭ではまとめきれないんですが、簡単にザックリまとめてみると

通説の分子生物学では、酵素は体内で細胞の遺伝子情報によって必要な時に必要な量生成され、その材料となるアミノ酸は体内に充分あるので、他の酵素を補給する必要なない。

一方、酵素栄養学では、人は一生分の酵素を生まれた時にすでに持っていて、消費すれば減っていくので補給したほうがいいのと、自分の消化酵素なるものを節約することが健康維持にとって大切である・・・とか。

酵素栄養学では、酵素を食べたり飲んだりした時、消化されてアミノ酸に分解されるってことは認めているらしいんですが、その時、その摂取した酵素から分解したアミノ酸は、吸収されてから今度はまた酵素となって甦る原料に優先的に使われるとか・・・?

 

もうよくわかんないんで、頭いい人はこちらを参考にしてみてください。(長いですよw)
⇒「酵素 エンザイム」にからんだ健康情報
http://yoshibero.at.webry.info/200705/article_3.html

ともかく、ちゃんと学校で分子生物学を学んだ人からすると、酵素栄養学はトンデモ理論らしいです。

 

さて、じゃあ、酵素って名前のついた商品は全部インチキってことで、一件落着(;^ω^)

白黒論ってありますけど、どっちか白黒つけるなら、酵素栄養学ってかぎりなく黒だと思うんです。ただ、じゃあ何で、酵素の力で・・・とかっていう商品が、堂々と新聞広告なんかにもデカデカと載っていて、バカスカ売れているのかってことですよね。

世の中の酵素関連商品が全部インチキかというと、グレーゾーンですが、あながち全部がトンデモ商品やサービスだとは思えないんです。

 

うちの奥さんもこの前酵素風呂に行ってきて、すごく気持ちよかった! ツルツル、スベスベって喜んで帰ってきました。色んな健康食品やサプリメントを試していて、酵素ドリンクが一番効果があったっていう人も、一人や二人ではないんじゃないでしょうか?

要は、酵素って言葉が商品を売るためのイメージワードになっていて、厳密に酵素の働きを論じると怪しい理論がいっぱいだけど、商品自体には本当に体にいいものも多いのではと思います。

 

いわゆるネーミングを酵素ってつけてイメージ戦略で売っているってことですね。ポカリスエットなんかも、ネイティブからするとおかしな単語で、「汗を飲む??」みたいなニュアンスに思うらしいです。

外国で売っている日本語が書いてあるTシャツなんかも、変な日本語があるように、意味を突き詰めていけばおかしな言葉やネーミングの商品は多いです。

酵素なんとかも、そんなもんで、営業戦略としてのネーミングだと思えば、商品としては身体にいいものも多いと思いますし、だからこそ売れているのだと思います。なので、白黒論じゃなくても、グレーな理論で出てきたものであっても、自分の身体に何がどういいのかってことは、検証してみる意味はあるのではないでしょうか。

 

特に、酵素が身体に入っていいことをしてくれるってのは論外にしても、酵素があるってことは実は酵母とか発酵食品として良いものであるとは言えると思います。

何で、私たちは、酵素何とかって言葉に惹かれたんでしょうか?

それは、年齢からくる衰えを感じ始め、昔より体重も落ちにくくなり、胃腸の調子もイマイチスッキリしないような実感があったからではないでしょうか?

自分の健康維持に役立つものであれば、少々グレーな理屈であっても、良い商品を広めて認知してもらい、買ってもらうために酵素って言葉を使っていても、自分にとっていいものならば、後ろの事情はどうでもいいんじゃないでしょうかね。

そんな酵素関連の商品やサービスの中でホントに良いものを探してみたいなと思います。