なんかちょっと前と変わってきた自分の身体

ミドルエイジにさしかかり、40代半ばから明らかに以前の自分の身体とは違ってきたと思うことありませんか?

  • ちょっと糖質を制限すれば体重が落ちたのに、だんだん落ちにくくなってきた。
  • 便やおならが、最近特に臭いと家族に言われ、自分でも自覚がある。
  • 前ほど脂っこいものが食べられなくなってきて、胃もたれするようになった。
  • お酒が次の日まで残るようになってきた。
  • 朝がとにかくつらい。
  • 忙しいのに食欲がない、もしくは食欲があってもあまり食べられない。
  • 身体の節々に痛みが出て、それもあちこち移る。

 

今までも頑張ってきて、知らず知らずのうちに無理をさせてきたあなたの身体です。もうちょっとかまってよって言われているのかもしれませんね。

 

でも、今まで少々無理をしても平気だった自分ですから、じゃあ何をすればいいのか調べても、無数ともいえる健康関連商品があり迷ってしまうと思います。

 

そろそろ、自分の身体のメンテナンスをやらなければと感じ始めているミドルエイジのあなたへ、メンテナンスガイドとして健康情報を整理してみました。

参考にしてみてください。

何が自分に必要なのか? <ガイドメニュー>

今感じ始めている身体の変化や衰えなどを症状別でまとめました。気になるメニューを選んでみてください

気になる症状は? トピック
疲れ 身体の疲れ・慢性疲労
胃もたれ 腸内環境を整える
体重増加 痩せにくくなった体質改善
関節の痛み 肩・腰・膝などの関節の痛み
体臭・口臭 加齢臭・わきが・口臭対策
目のかすみ 老眼・目のかすみ・ピンボケ

身体の疲れ・慢性疲労

長時間労働や家事・育児と仕事の両立などで無理を重ねてきた身体と心、ジワジワと累積してきた疲れは慢性疲労となって表面化してくるお年頃です。

そんな疲労した身体を日常の仕事をこなすために半強制的に神経を活性化させる方法や刺激物なども多く出回っています。しかし、それでは本当に大事なあなたの身体とこれからの健康にけっしてよいとは思えません。

辛い、永遠とも思える仕事をこなしながらも、これからのあなたの健康のこともケアしていくために、今の身体をメンテナンスすることに役立つものを選んでみました。

慢性疲労におすすめのサプリメント

爽眠α(そうみんアルファー) まあるい旬生酵素

慢性疲労を感じ始めた時には睡眠の質も低下していることが多いです。
ひどくなると不眠になり、疲れているのに眠れなくなり睡眠薬を服用するようになると大変です。まずは、普段の睡眠の質を改善させることから始めましょう。
       ⇒詳細はこちら

酵素サプリというとダイエットをイメージされるかも知れませんが、実は疲労回復に必要な栄養素がバランスよく配合されているものが多く、ビタミン・ミネラル・乳酸菌・アミノ酸などを効率よく摂取でき、また吸収もよいのでおすすめです。
       ⇒詳細はこちら

若い頃から慢性的な寝不足で、中高年にさしかかってきてから、もう昔のように無理が効かなくなってきたというのは当たり前です。疲れも一晩では取れなくなってきます。

それでも、今の中高年(ミドルエイジ)に当たる人は、企業の人材不足も重なってものすごく忙しいですよね。身体を休めるのが一番ですし、長期休暇を取ってのんびりする時間も必要なのはやまやまですが、それが出来なくて何とか今の疲れをどうにかしたいと思っているのではないでしょうか。

充分すぎるくらいの休息を取れないならば、今の睡眠時間内でその質を上げていくしかありません。疲れて、眠くてどうしようもないという段階は、まだましな方です。疲れきって、すごく眠いのに眠れないという段階になっては危険です。

毎日の睡眠の質を見直してみましょう。

酵素はなにやら身体によさそうと思っている人は多いと思います。しかし、酵素サプリメントを飲んでも胃腸で消化されアミノ酸に分解されてしまうので、身体に酵素を補給することにはなりません。酵素を飲んでも身体の脂肪を減らしたり疲れを軽減してくれたりはしません。

酵素サプリメントの中身は、発酵エキスです。酵素というのは、世間に受け入れられているイメージによるネーミングのようなものです。しかし、製品の内容はとても良いものも多く、身体に必要な栄養素を効率よく補助するのに適しています。

本当に疲れ切った時だけ、表示よりも多めに酵素サプリを飲むと、かなりの疲労回復を実感できることもありますし、日々の疲れた身体への栄養補助にもなります。

酵素に関する記事やおすすめの酵素ドリンク・酵素サプリメントなどは、こちらのカテゴリーをご覧ください。⇒酵素

腸内環境を整える

若い頃には脂っこい物を食べても胃もたれなんて感じたことなかったという人も、年齢と共に食べられる量が減り、食べても胃もたれするようになってきます。はじめは胃腸が疲れているだけだと甘く見ている人も多いようですが、中高年になって一番にケアしなければならないのが腸内環境です。

年齢のせいだけでなく、仕事のプレッシャーやストレスも強くなってくる時期に、忙しいからと言ってなかなかバランスの良い食事ができない日々も多いでしょう。

腸内環境が崩れると、胃腸の調子が悪いだけでなく、慢性的な疲労も強くなり、見た目も老け込むようになってきます。ミドルエイジからの腸内環境対策におすすめのものをご紹介していきます。

腸内環境を整えるのにおすすめの健康補助食品

薬院オーガニックの粒マヌカ ふるさと青汁

腸内に溜まった悪玉菌に対して高い抗菌力をもち、善玉菌を育てることで話題になったマヌカハニーのサプリメントです。
殺菌力の高さを示すMGOが400のマヌカハニーを凝縮したサプリで、MGO400のマヌカハニーはとても高価ですが、サプリならずっとお安く手に入ります。
       ⇒詳細はこちら

八丈島原産の明日葉が丸ごと根っこまで入っている青汁です。この明日葉の栄養素がとても豊かで、食物繊維・ビタミン・ミネラルがたっぷり摂れるのはもちろんのこと、その質がとてもいい。
地元では長寿の秘訣として健康食材の代名詞とも言われているものを、手軽においしく頂ける青汁です。
       ⇒詳細はこちら

現在40歳以上の人の80%はピロリ菌に感染していると言われています。そこで注目を浴びたのがマヌカハニーの殺菌力で、原産国のニュージーランドではマヌカハニーの抗菌物資である『MGO』(食品メチルグリオキサール)が100以上のものを医療用に使っています。
そのMGOが400という高い数値になるマヌカハニーは収穫できる全体量の1%と言われ、とても貴重なものです。故にとんでもなく高価になり、ハチミツとして買って毎日なめるのはかなり厳しい。そこで出来たのが貴重なマヌカハニーをサプリメントにしたものです。
ピロリ菌がいなくても、腸内フローラを整える効果と高い栄養素が詰まったマヌカハニーは一番におすすめです。

腸内環境を整えるには食物繊維がとても大事で、野菜をしっかり食べないといけないことは、みんな分かっていることですが、なかなか普段の食事からは野菜が摂れず、しかも偏食になりがちな忙しいミドルエイジです。
「う~んまずい! もう一杯」なんて言う懐かしいコマーシャルは昔の話で、今の青汁は栄養素が豊富で、しかも飲みやすくおいしいものが多いです。
青汁についてはこちらにまとめておきますので参考にしてみてください。⇒青汁

痩せにくくなった体質改善

40代を過ぎた頃から、若い時と違って増えた体重が落ちにくくなってくる人が多いです。ちょっと前までは、体重が気になりだしても少し糖質を制限したり食べる量を調整することで元の体重に戻っていたのに、それが通用しなくなっていきます。

体質改善については後記しますが、ダイエットをするならば、身もふたもない言い方をしますが、摂取カロリーよりも消費カロリーを多くする以外に有効な方法はありません。

摂取カロリーを減らすか、消費カロリーを増やすかのどちらかで、健康面を考えれば、バランスのよい食事をしながら消費カロリーを増やす運動をするのが一番で、ダイエットサプリを飲めば痩せる、もしくは痩せやすい体質になると言うことはありません。

ダイエットサプリメントなどは、あくまでも補助としてお考えください。

ミドルエイジからのダイエット

RIZAP Style(スタイル)

今の生活習慣を変えずに、楽して痩せようというのは、中高年ではまず無理です。あきらめて、食事療法とトレーニングを徹底指導してもらいましょう。
       ⇒詳細はこちら

家でも職場でも、座っている時間の長い人は、姿勢の歪みによって基礎代謝がどんどん悪くなっています。姿勢をよくする・食事を見直す・運動する、この3つが揃ってダイエットをするのが効果が高いです。
       ⇒詳細はこちら

よく言われることですが、年齢により基礎代謝が悪くなっていきます。この基礎代謝を改善することが、痩せにくくなった体質を改善するということなのですが、これ、めちゃくちゃ大変なことです。

基礎代謝が落ちたことで減った消費カロリー量の分を、今までよりも多く運動したり身体を動かしてカロリーを消費しなければ、摂取カロリーよりも多くのカロリーを消費できず、太るということになります。

基礎代謝を簡単に言うと、生命を維持するために使われるカロリーです。そのカロリーの3大消費先は、脳と肝臓と骨格筋です。

このうち脳と肝臓での消費カロリーは、中高年とはいえそれほど落ちませんが、骨格筋の消費カロリーは落ちてきます。

基礎代謝を改善するのが難しいのは、この生命維持のために使っている骨格筋の消費カロリーを高めることが難しいからです。

生命維持のために使っている筋肉を簡単に言うと、イメージしやすいのは、寝ていても力を出している筋肉ということで、もし、全ての筋肉が睡眠中に全く力を出さなかったら、骨格はバラバラになり、内臓の重さでお腹の中はぐちゃぐちゃになり、人としての形が保てなくなります。

この筋肉は赤筋と言われ、インナーマッスルと言うこともありますが、筋繊維には赤筋と白筋が斑に分布しており、身体の深層にいくにしたがって赤筋の割合が多くなっています。

この赤筋は、酸素を使い脂肪をエネルギー源として持続力のある力を出す筋肉で、ダイエットには有酸素運動が有効というのは、この赤筋を使って脂肪を消費するからです。

基礎代謝で使われる筋肉は、この赤筋です。赤筋は年齢による筋肉量の減少はほんのわずかと言われていて、筋肉は落ちないのですが、筋力は落ちます。

筋肉は落ちないのに筋力が落ちる?? これがどういうことかと言うと、筋肉が力を出すためには、脳から送られてくる電力が必要だからです。つまり、筋肉量は同じでも、筋肉に伝わってくる脳からの電力が落ちれば、筋肉が出す力は弱くなるということです。

これが、骨盤の歪みや姿勢の悪さが痩せにくい体質になると言われている理由です。姿勢が悪く背骨が歪むと神経を圧迫し、脳から送られてくる電気に対して抵抗になってしまい、筋肉に届く電力が落ちるということになります。

身体のケアに時間の取れないミドルエイジですから、普段の姿勢の悪さや運動不足が重なって、骨格が歪み、身体を支えて基礎代謝として使われる骨格筋の活動が弱まることで、何もしなければ消費カロリーはどんどん少なくなっていきます。

寝起きに身体が痛くなるのと、痩せにくくなってくるのが同時期なのも、これが理由の1つです。

まずは、普段の姿勢を良い形に留める対策をし、よい整体師などを探し、身体のケアから始めることをおすすめします。

その上で、どうしても運動は必要です。赤筋で脂肪を消費してもらうための有酸素運動と、赤筋だけ鍛えることは出来ないので、白筋のトレーニングであるパワートレーニングを平行して行うことで、赤筋も活性化していきましょう。

プラス、食事も糖質を控え(全くとらないのはダメ)タンパク質を多めにして、野菜などもバランスよく摂りましょう。

その補助として、糖質の吸収を抑えるサプリメントなどを使うのは良いと思います。ただ、間違ってもダイエットサプリだけ飲んでいれば痩せるとは思わない方がいいです。

肩・腰・膝などの関節の痛み

中高年になってくると関節の痛みに悩まされる人が出てきます。関節か痛いとなると真っ先に思い浮かぶのがカルシウム不足ではないでしょうか?

確かにカルシウムを多く含む小魚を食べる機会も多くはないでしょうし、野菜やナッツから摂取するのも大変なので、不足ぎみなのですが、それ以上に不足しているのが実は鉄分です。

牛肉を沢山たべている高齢者は、お肌のつやがとてもよく骨も丈夫な人が多いです。骨粗鬆症は骨の内部がスカスカになるものですが、そのスカスカになる部分はコラーゲンで出来ており、そのコラーゲンを生成するのに鉄が必要です。

日本の貧血判定の数値は欧米諸国とくらべて低い値になっており、外国の基準からすると日本人の約7割は貧血に入るとも言われています。

鉄分不足は頭痛や関節の痛みを伝達しやすくするので、鉄分は栄養素の中でも、特に身体に痛みがある人には補給する必要のあるものです。

関節の痛み、身体の痛み改善へおすすめのもの

リモナイトゼン クラチャイダムゴールド

鉄分の補給は赤身の魚や肉から摂る方が、ほうれん草などの植物からよりも吸収がいいです。動物性たんぱく質に含まれる鉄は二価鉄で植物性は三価鉄になり、動物性たんぱく質に含まれる鉄分と同じ二価鉄を効率よくサプリで補うのがおすすめです。
       ⇒詳細はこちら

健康長寿のスーパーフードとして知られているマカを超える活力系栄養素がたっぷり含まれたクラチャイダムのサプリメントで、鉄の含有量も申し分なく、それだけじゃない活力成分が豊富なので、関節を動かす筋肉細胞を活性化させるのに役立ちます。
       ⇒詳細はこちら

関節の痛みを和らげるのは、まず第一に鉄分の補給で骨を強くし不足しがちなコラーゲンの生成を助けます。そして、関節を動かしているのは骨ではなく筋肉なので、身体の血行をよくし、筋肉細胞へ潤滑に血液を送れるようにして、関節まわりの筋肉や腱を柔軟に保つ助けをしてあげることです。
その上で、痛みの元の働きかける成分が配合されている第3類医薬品などのサプリメントを選んで試してみることをおすすめします。詳しくはこちら⇒サプリメント

加齢臭・わきが・口臭対策

自然界において、えさとなる物を探す時に嗅覚を頼りにしますが、その時に自分の臭いが強いと邪魔になるので、回りの臭いを嗅ぎ分けるため、自分の臭いには鈍感になる仕組みになっていると言われています。

だから、自分の加齢臭や口臭などは、自分では分からないものなのです。しかし、周囲の人には他人の臭いには敏感なので、臭いと言われてしまいます。

ある程度の年齢になってきたら、自分では気づかないけれども、加齢臭・わきが・口臭対策はエチケットとして必要になってきます。

加齢臭・わきが・口臭対策おすすめサプリメント

メンズデオ8400 薬用にごり石鹸

メンズデオ8400は加齢臭対策のサプリメントとしては、その有効成分の種類と含有量で圧倒的な品質を保っています。
メンズとありますが、男性女性を問わず、今最も支持されている人気のサプリメントです。
       ⇒詳細はこちら

身体の毛穴に溜まった汚れや皮脂からの臭いは石油系シャンプーやボディソープではなかなか洗い流せないものです。
石鹸系の洗浄力と臭い対策のしっかりとしたもので体中を洗うことが予防になります。
       ⇒詳細はこちら

メンズデオ8400は健康食品大手のファインベースの製品で、アジア ゴールデンスターアワード受賞、モンドセレクション銀賞受賞、スキンケア大学でおすすめ商品として紹介されるなど、高い評価を得ています。

肌には様々な菌が住み着いています。その中には悪臭を出す臭い菌もいるわけですが、だからといって肌をゴシゴシこすって全ての菌をそぎ落としてしまえばよいというものではありません。
大切なのは肌の菌バランスです。薬用にごり石鹸は臭いの元になる臭い菌が住みにくい肌環境を整えるのに効果的な医薬部外品です。